低炭水化物ダイエット - ダイエット失敗…体験談

低炭水化物ダイエット

ご飯やパンなどの炭水化物を摂取しない、「低炭水化物ダイエット」というダイエット法があります。

低炭水化物ダイエットは、ご飯やパン、めん類を摂らないことで、体内に貯蓄している皮下脂肪を消費させ、体重を減少させるというダイエット方法です。

ただ、この低炭水化物ダイエットには、いくつかの体に与える危険性があることを知っておきたいですね。

まず、このダイエット法を実践して極端にご飯やパンなどの炭水化物の摂取を避けることで、生活習慣病を引き起こす恐れが考えられます。

低炭水化物ダイエットでは、脂質やタンパク質などの栄養素は摂取しても構わないので、逆に多くの動物性の食品を摂取してしまうような状況を招くことで、生活習慣病につながる原因となり得ます。

また、炭水化物の摂取を避けることは糖質の減少効果につながりますが、糖質は脳にとって重要な栄養素の一つです。糖質が不足しすぎると、脳に悪影響を及ぼし偏頭痛を起こす場合もあります。

さらに、便秘がちになる傾向もあるようですね。これは、私たち日本人の腸の長さと関係があるといわれています。

また私たちの食生活では、米やうどん、ラーメンなどを食べる機会も多く、炭水化物を食べないというダイエット法はなかなか難しいかも知れませんね。

低炭水化物ダイエットは、短期間で効果が期待でき結果が出せる大ダイエット法かもしれませんが、健康的に痩せるという意味では危険性を内包する方法ともいえます。

やはり、私たち日本人に適したダイエット法は、栄養バランスを考慮した食事を元に健康的に実践できるダイエット法かもしれません。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ダイエット失敗…体験談 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます