リバウンドが起こる仕組み - ダイエット失敗…体験談

リバウンドが起こる仕組み

ダイエットで体重を減らすことに成功し、その後ダイエットをやめた時にリバウンドを起こすことが多いことは広く知られています。

極端に食事制限をし、毎日2時間の運動を欠かさず実践した結果、一ヶ月で7キロ体重を落とした方がいらっしゃいました。しかしその後、ダイエットを止めたら2ヶ月で、9キロ体重が増えてしまったそうです。

結果として、プラス2キロ体重が増えたことになり、急激なダイエットをしたことを反省しているそうです。

人間には、環境の変化に対応する「ホメオスターシス」という機能が備わっています。この機能は、生命を維持するために必要な能力です。

ダイエットの場合ですと、急激な体重の変化や、食事制限で摂取カロリーが減ること、また摂取する栄養素の変化などが、「環境の変化」に当たります。

これら環境の変化に対応するためにホメオスターシスが機能することで、例えば摂取カロリーが減少しても、体が適応しようとします。つまり、少ない摂取カロリーでも生きていけるように、体が筋肉量や骨量を変化させ、急激な体重の変化を防ごうとします。

また、摂取する栄養素の変化によりカルシウム不足が起こった場合、体内の骨からカルシウムを摂取しようとするため、骨粗しょう症の原因になるので注意したいですね。

ただ、リバウンドというのは、こういった体の適応能力が適切に機能している状態といえますし、またリバウンドは、個人差はありますが、多くのダイエット実践者が経験する、人間が生命を維持するために働く活動なのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ダイエット失敗…体験談 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます