ダイエット失敗…体験談

食事制限ダイエット

ダイエットに関心ある方の多くは、早期に結果を出したいと思っていると思います。

また、食べる量を減らし食事制限をすれば、その分体重は落とせると考えている人も少なくないでしょうね。確かに食べなければ、体重を落とすことができるのですが、食事制限によるダイエットには、様々な危険が伴うことを知っておきたいですね。

ある女性は、食事制限によってカロリーを抑えることを重視し、結局ダイエットに失敗しています。

この女性の、ある一日の食事です。
・朝食 コーンフレーク
・昼食 カロリーメイト、ヨーグルト、フルーツ
・夜 おかずのみ
このような食事制限で、一週間で3キロ体重が減少したそうです。

しかしそののち、夕食の食事制限にストレスを感じ、ある日結局我慢できずに、お腹一杯食べてしまったそうです。その後、体重は増える一方になってしまいました。

また、無理な食事制限によるダイエットで、カロリーを抑えることだけを考えて目標の体重まで落とすことに成功した女性がいらっしゃいました。

ですが、体がだるく感じる日が多くなり、体調を崩しがちであったり風邪をひきやすくなったそうです。これからは、健康的に痩せるために、栄養のバランスを考えたダイエットを目指したいと考えているそうです。

無理な食事制限によるダイエットは、目標体重を達成したとしても、ストレスからドカ食いしてリバウンドしてしまったり、体調を崩しがちになったり、と体に良くない影響があるのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバウンドが起こる仕組み

ダイエットで体重を減らすことに成功し、その後ダイエットをやめた時にリバウンドを起こすことが多いことは広く知られています。

極端に食事制限をし、毎日2時間の運動を欠かさず実践した結果、一ヶ月で7キロ体重を落とした方がいらっしゃいました。しかしその後、ダイエットを止めたら2ヶ月で、9キロ体重が増えてしまったそうです。

結果として、プラス2キロ体重が増えたことになり、急激なダイエットをしたことを反省しているそうです。

人間には、環境の変化に対応する「ホメオスターシス」という機能が備わっています。この機能は、生命を維持するために必要な能力です。

ダイエットの場合ですと、急激な体重の変化や、食事制限で摂取カロリーが減ること、また摂取する栄養素の変化などが、「環境の変化」に当たります。

これら環境の変化に対応するためにホメオスターシスが機能することで、例えば摂取カロリーが減少しても、体が適応しようとします。つまり、少ない摂取カロリーでも生きていけるように、体が筋肉量や骨量を変化させ、急激な体重の変化を防ごうとします。

また、摂取する栄養素の変化によりカルシウム不足が起こった場合、体内の骨からカルシウムを摂取しようとするため、骨粗しょう症の原因になるので注意したいですね。

ただ、リバウンドというのは、こういった体の適応能力が適切に機能している状態といえますし、またリバウンドは、個人差はありますが、多くのダイエット実践者が経験する、人間が生命を維持するために働く活動なのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスとダイエット

ダイエットにとってストレスは厄介な存在です。

ある女性は、就職後、人間関係からくる悩みや、不規則な生活が原因で、ストレスを感じ太ってしまいました。ストレスを感じるとこの女性は、お菓子を食べることで発散していました。

食べてはいけないと感じながら、イライラを抑えられず食べてしまっていたのです。結果、どんどん太っていくという状況を招きます。

その後、これはいけないと決意し、急激なダイエットをして半年で10キロ以上体重を落としました。ただ、その姿は美しく健康的なダイエットとは程遠いものでした。

そして、ストレスを感じないような自分の好きな関係の仕事に転職しました。おかげで、暴飲暴食をしないようになりました。また、なるべく自炊するようにしたり、食事に時間をかけたりする心の余裕ができたそうです。

女性の中に、食べることでストレスを解消しようとする人は多いといわれています。

ストレス発散にたまにケーキを食べて、パッと忘れてしまう程度ならダイエットにも問題ありませんが、暴飲暴食から過食症を招く人もいらっしゃるそうです。

ストレスが溜まっていると感じている人は、しっかりと朝食を摂ることが効果的といわれています。十分な朝食を摂ることによって、1日の食事バランスを調整することで、体調が良くなり、ストレスの解消につなげることができるのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低炭水化物ダイエット

ご飯やパンなどの炭水化物を摂取しない、「低炭水化物ダイエット」というダイエット法があります。

低炭水化物ダイエットは、ご飯やパン、めん類を摂らないことで、体内に貯蓄している皮下脂肪を消費させ、体重を減少させるというダイエット方法です。

ただ、この低炭水化物ダイエットには、いくつかの体に与える危険性があることを知っておきたいですね。

まず、このダイエット法を実践して極端にご飯やパンなどの炭水化物の摂取を避けることで、生活習慣病を引き起こす恐れが考えられます。

低炭水化物ダイエットでは、脂質やタンパク質などの栄養素は摂取しても構わないので、逆に多くの動物性の食品を摂取してしまうような状況を招くことで、生活習慣病につながる原因となり得ます。

また、炭水化物の摂取を避けることは糖質の減少効果につながりますが、糖質は脳にとって重要な栄養素の一つです。糖質が不足しすぎると、脳に悪影響を及ぼし偏頭痛を起こす場合もあります。

さらに、便秘がちになる傾向もあるようですね。これは、私たち日本人の腸の長さと関係があるといわれています。

また私たちの食生活では、米やうどん、ラーメンなどを食べる機会も多く、炭水化物を食べないというダイエット法はなかなか難しいかも知れませんね。

低炭水化物ダイエットは、短期間で効果が期待でき結果が出せる大ダイエット法かもしれませんが、健康的に痩せるという意味では危険性を内包する方法ともいえます。

やはり、私たち日本人に適したダイエット法は、栄養バランスを考慮した食事を元に健康的に実践できるダイエット法かもしれません。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単品ダイエット

定められた特定の食材だけを食べるというダイエット方法があります。

こういった単品ダイエットは、体の不調を招く恐れがあるので注意が必要です。

ある女性は、食べて良いのは、りんごと水だけという「りんごダイエット」を実践しました。

りんごダイエットを3週間程続けると、ガリガリに痩せました。ただ、常に空腹の状態で、体力が弱ってしまいました。その後ダイエットをやめると、すぐにリバウンドしてしまいました。とても後悔したそうです。

他によく知られる単品ダイエットには、ゆで卵ダイエット、グレープフルーツダイエット、パイナップルダイエットなどがありますね。これら単品ダイエットは、摂取カロリーを大幅に減少させるので、短期間で痩せることができます。

しかし、決められた食材ばかり食べるので当然飽きてきますし、栄養が偏ることで健康面に悪影響を与えます。

また、摂取カロリーが急に減るので、体が飢餓状態だと判断することから、エネルギーを脂肪細胞として蓄積しようという働きが起こります。結果として、基礎代謝の低下を招き、さらにダイエットをやめた時、リバウンドを引き起こします。

「単品ダイエット」のような体に良くないダイエットを行うと、結果的に失敗に終わります。ダイエットは、栄養バランスのとれた自分に適した摂取カロリー分の食事の摂取、適度な運動、規則正しい生活、を基にして痩せるのが成功の近道です。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒天ダイエットの失敗体験談

寒天ダイエットという人気のダイエット方法があります。

寒天は、ほとんどカロリーがなく、食物繊維が豊富で、また満腹感を得ることができるという特長があります。この特性を生かし意識的に摂取することでダイエットに結び付けるというのが寒天ダイエットです。

確かに寒天は、健康的な食品なのですが、摂取量について注意が必要です。

ある女性は、寒天ダイエットを実践し、摂りすぎにより失敗に終わりました。理由は、寒天の摂り過ぎは食物繊維の摂り過ぎにつながるからです。

この女性は、多量の寒天を摂取した上、他の食品からも、食物繊維を意識的に摂取していたそうです。結果として、食物繊維の過剰摂取を招き、強い下痢など体調不良を起こしてしまいました。

寒天がダイエットに適しているとされる理由の一つとして、脂肪や、発ガン性物質などの毒素、また有害なミネラルなど、体に良くない物質を吸収して体外に排出してくれるという働きがあります。

ところが、寒天を過剰に摂取することで、有害な物質だけでなく、ビタミンや鉄など体に必要なものまで吸着し体外に排出してしまうそうです。そうすると、ミネラル不足などを引き起こし、貧血や味覚障害などの症状を招きます。

私たち現代人は、一般的に食物繊維を13〜18gしか摂れていないといわれています。一方、成人が1日に必要な食物繊維の量は、約20〜25gといわれています。

この食物繊維の不足分を補うために寒天を摂取するのであれば、1日に7〜8g補えば良いということになります。

寒天は健康的な食品なのですが、寒天ダイエットを行うにあたっては、摂り過ぎに注意し、さらに栄養のバランスと規則正しい食生活にも気を配ることで、健康的に痩せたいものですね。






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットサプリメントの効果って?

痩せると謳う「ダイエットサプリメント」は、たくさんの種類が発売されています。

ただ、ダイエットサプリメントを飲むだけで本当に痩せることができるのか、疑ってしまうことがあります。

結論として、サプリメントを飲むだけで痩せるということはないそうです。ちなみに、サプリメントとは、直訳すると「補足」という意味になるそうです。

サプリメントとは、栄養補助食品といわれるように食事で補い切れない栄養素を補うために摂取するものです。ですので、基本は食事からの栄養素ということを認識する必要があります。十分な食事を摂ることが大切で、足りない分を補ってくれるのがサプリメントなのです。

このことは、ダイエットサプリメントの場合も同様のことがいえます。

つまり、栄養のバランスが崩れない程度の食事制限や、日々の適度な運動が基本になります。その上で、ダイエットサプリメントを摂取することで、ダイエットを一層効果的なものにするのです。ダイエットサプリメントを飲むだけでは、ダイエットを成功に導くことは期待できません。

中には、かなり高額なサプリメントもありますが、それらを試した人の中にも、効果が実感できなかったという人は多いそうです。

ダイエットサプリメントは、飲むことで痩せるのではなく、脂肪が燃焼しやすくなるように助けてくれる効果を期待するものです。健康的なダイエットを実践しながら飲むことで、さらにダイエット効果を高めようということですね。

現在、ダイエットをサポートしてくれる効果が期待できるダイエットサプリメントは、数多く発売されています。適切なダイエットしながら、効果的にダイエットサプリメントを活用することで、効率よくダイエット成功に結び付けたいですね。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水(ミネラルウォーター)や中国茶のダイエット効果

ミネラルウォーターなどの水を飲むことで、ダイエット効果は期待できるのでしょうか。

ミネラルウォーターを飲むこと自体に、ダイエット効果(脂肪燃焼効果)が得られるというようなことはないそうです。「スーパーモデルが飲んでいる」ということから人気のミネラルウォーターもあったようですが、この場合、ミネラルウォーターを飲めば、モデルのような体形になれるというイメージ的な要素も大きいのではないでしょうか。

「1日○○リットル飲むと良い」という話を聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、水を活用したダイエットは、いずれの場合も水を飲むことに脂肪燃焼効果があるとは考えにくいようですね。ちなみに、アルカリイオン水が血糖値を下げる効果につながるということも医学的な根拠はないそうです。

また、中国茶を食事中に飲むことで、食事で摂取した脂肪を溶かす効果が期待できるということを聞いたことのある人は多いかも知れません。

ただ、本当のところ中国茶から期待できる効果は、脂肪を溶かすような働きではなく、利尿作用だそうです。ですので、利尿を促すことで体内の水分が排出され体重が落ちることはあるようです。

お茶やミネラルウォーターはノンカロリーの飲料ですし、間食をしたくなった時に飲むことで気分を紛らわすということもできます。また、水分を豊富に摂取することで、色んな体に良い効果も期待できるといわれています。ですので、ダイエット中の飲み物としては適しているといえるのでしょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入浴(お風呂)とダイエット効果

お風呂は皆さん毎日入られるでしょうし、継続できそうなので、ダイエットに活用しようと思われる方は多いと思います。

入浴時間を活用するお風呂ダイエットにもいくつかの方法があるようです。

広く知られる半身浴、またお風呂マッサージダイエットなどもあるようです。ただ、お風呂を活用するダイエット方法にも、失敗しないために知っておきたいことがあるようですね。

まず、体重を落とすことを目的にダイエットは行いますが、お風呂ダイエットだけを行っても他のダイエット法のようになかなか痩せることに結びつかないという点です。

ただ、お風呂ダイエットには体に良い効果的な働きがあることも確かなようです。

入浴によって得られる主な効果には、まず、血行を促し新陳代謝を高めることがあります。新陳代謝を高めることが健康的なダイエットに不可欠なものであることはご存じの方も多いと思います。

また、お風呂に入ると、胃液の分泌の抑制につながるようで、食欲が多少抑まる効果が期待できるといわれています。ですので、食事の前に入浴することで空腹を紛らわすことができるかもしれません。

ただ、注意したいのは、お腹がすき過ぎている状態での長時間の入浴は貧血を招く恐れがあるので避けたいですね。ちなみに、入浴の前には、コップ1杯の水を飲むと良いそうです。

つまり、お風呂ダイエットは、ダイエットを一層効果的なものにするために良い方法だということになります。

食事の栄養バランス、自分に適したカロリーの摂取、適度な運動など、他のダイエット方法と合わせて行うことで、お風呂ダイエットは理想的な体に導いてくれる効果的な手段になるんですね。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットと動機付けについて

ダイエットに何回か挑戦したけれど、結果が出る前に諦めてしまい、長続きしないという経験は、多くの方にあると思います。

そのような方の中には、ダイエットが失敗に終わることは自分の意志の弱さが原因だと思っている人も多いでしょう。ただ、ダイエットが失敗に終わるのは、意志の弱さが原因というよりも、ダイエットを始める動機が明確でないということが理由として大きいそうです。

つまり、痩せたいと思った動機についてはっきりとさせることが、ダイエット成功に深く関係するということです。

好きな人に気に入ってもらいたい、気に入ったスカートを着たい、鏡に写る自分の姿が好きになれない、などダイエットを始めようと思ったのには何かきっかけがあったと思います。中でも辛い経験がダイエットを始める動機になっている場合も多いと思います。

ですので、気持ちが持続せず挫折しそうになった時は、その動機や辛い経験を思い出すと良いということです。また、見えるところに紙に書いて貼っておくのも効果的だそうです。

一方、動機や理由がはっきりせず、何気なくダイエットを始めたという場合、気持ちが続かず途中で諦めてしまうことが多いそうです。

ダイエットを長続きさせ成功に導くためには、当たり前のようですが、自分はなぜ痩せたいのかという動機を明確にすることが、とても大切な成功を左右する要因になるんですね。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ダイエット失敗…体験談 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます